年度別実績

論文

以前の年代を見る

学会発表

以前の年代を見る

2008学会発表 実績に戻る

著者

論文名

日付

PubMedリンク
Sasaki T, Nakayama K, Yasuda H, Yoshida M, Inoue D, Yamaya M.
A proton pump inhibitor, lansoprazole, reduces frequency of exacerbations in patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD).
American Thoracic Society 2008 International Conference. Toronto. May 16-21, 2008.
 
Nakayama K, Asamura T, Sasaki T, Yoshida M, Yasuda H, Asada M, Ohrui T, Kuwano K, Yamaya M.
An inhibitor of HMG-CoA reductase, pitavastatin, inhibits rhinovirus infection in human tracheal epithelial cells.
American Thoracic Society 2008 International Conference. Toronto. May 16-21, 2008.
 
Yasuda H, Nakayama K, Asada M, Kaneta T, Sasaki T, Yoshida M, Yanagihara K, Yamaya M.
Nitroglycerin may increase response to docetaxel and carboplatin in murine syngraft solid cancer models via reduction of HIF-1 and p-glycoprotein and activated p53 in tumor tissues.
American Thoracic Society 2008 International Conference. Toronto. May 16-21, 2008.
 
Yamaya M, Nakayama K, Asada M, Yoshida M, Asamura T, Kubo H, Nishimura H,
Carbocisteine inhibits infection of type A influenza virus and respiratory syncytial virus in human airway epithelial cells.
American Thoracic Society 2008 International Conference. Toronto. May 16-21, 2008.
 
Yoshida M, Nakayama K, Yasuda H, Asada M, Asamura T, Sasaki T, Yamanda S, Ohrui T, Kuwano K, Yamaya M.
Carbocisteine, a mucolytic drug, induces phosphorylation of Akt, inhibits activation of caspase, and prevents apoptosis induced by oxidative stress in human tracheal epithelial cells.
American Thoracic Society 2008 International Conference. Toronto. May 16-21, 2008.
 
Makoto Kawaishi, Hideyuki Yokote, Kazuto Nishio, and Fumiaki Koizumi
Regulation of STAT activity by ErbB family members.
第48回日本呼吸器学会学術講演会 2008年6月15-17日
 
皆川俊介, 荒屋潤, 北村英也, 沼田尊功, 原弘道, 斎藤桂介, 中山勝敏, 桑野和善.
(ポスター・ミニシンポジウム:間質性肺炎 肺線維症3)mechanic’s handを呈した間質性肺炎の検討.
第48回日本呼吸器学会学術講演会. 神戸, 6月.
 
桑野和善.
間質性肺炎とCOPDにおけるリモデリング.
第22回近畿呼吸器疾患談話会. 大阪, 2月.
 
桑野和善.
間質性肺炎とCOPDにおけるリモデリング.
白梅呼吸器カンファレンス. 東京, 1月.
 
桑野和善.
間質性肺炎とCOPD.
福岡鶴陵会. 福岡, 12月.
 
河石真, 小島淳, 野尻さと子, 沼田尊功, 鮫島つぐみ, 皆川俊介, 弓野陽子, 荒屋潤, 野元吉二, 桑野和善.
ゲフィチニブ投与歴のある非小細胞肺癌患者に対するエルロチニブ治療の検討.
第49回日本肺癌学会総会. 福岡, 11月.
 
鮫島つぐみ, 藤田雄, 坊野恵子, 戸根一哉, 小田島丘人, 弓野陽子, 野尻さと子, 皆川俊介, 小島淳, 濱田直樹, 沼田尊功, 木下陽, 河石真, 荒屋潤, 中山勝敏, 野元吉二, 桑野和善.
Erlotinibによる間質性肺炎を発症した症例の臨床病理学的検討.
第181回日本呼吸器学会関東地方会. 高崎, 9月.
 
戸根一哉, 鮫島つぐみ, 弓野陽子, 野尻さと子, 皆川俊介, 小島淳, 濱田直樹, 沼田尊功, 木下陽, 河石真, 荒屋潤, 中山勝敏, 野元吉二, 桑野和善.
Gefitinib投与中止後Erlotinibが有効であった肺腺癌の一例.
第180回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月.
 
吉田元樹、中山勝敏、安田浩康、浅田成紀、浅村孝昭、佐々木陽彦、矢満田慎介、大類孝、桑野和善、山谷睦雄.
カルボシステインはAktリン酸化を介してカスパーゼの活性化を抑え、酸化ストレスによるヒト気道上皮細胞のアポトーシスを抑制する
第48回日本呼吸器学会総会学術講演会. 2008年6月15-17日
 
荒屋潤、北村英也、皆川俊介、中山勝敏、野元吉二、桑野和善.
気道リモデリングにおける扁平上皮化生の役割
第48回日本呼吸器学会総会学術講演会. 2008年6月15-17日
 
中山勝敏、浅村孝昭、佐々木陽彦、吉田元樹、安田浩康、浅田成紀、大類孝、荒屋潤、 桑野和善、山谷睦雄.
培養気道上皮へのライノウイルス感染に対するピタバスタチンの抑制効果
第48回日本呼吸器学会総会学術講演会. 2008年6月15-17日
 
安田浩康、中山勝敏、浅田成紀、佐々木陽彦、吉田元樹、柳原一広、山谷睦雄.
ニトログリセリンによる坦癌モデルマウスにおける抗癌剤抗腫瘍効果増強作用機序
第48回日本呼吸器学会総会学術講演会. 2008年6月15-17日
 
野尻さと子、弓野陽子、木下陽、中山勝敏、桑野和善、望月太一、千葉伸太郎.
CPAP長期使用患者のSF健康調査票(SF36)を用いたQOLに関する検討
第48回日本呼吸器学会総会学術講演会.2008年6月15-17日
 
野尻さと子、鮫島つぐみ、弓野陽子、皆川俊介、小島淳、沼田尊功、濱田直樹、木下陽、河石真、荒屋潤、中山勝敏、野元吉二、桑野和善.
気管支喘息患者の周術期管理 ~当院プロトコールにおけるステロイド投与法の変更点と現状
第29回臨床アレルギー懇話会
 
中山勝敏、佐々木陽彦、安田浩康、吉田元樹、荒屋潤、桑野和善、山谷睦雄.
プロトンポンプ阻害薬による慢性閉塞性肺疾患増悪の抑制
第77回閉塞性肺疾患研究会.2008年7月19日
 
中山勝敏.
COPDにおける炎症と遺伝リスクの臨床評価指標としてのHO-1/CO経路の重要性
第17回Pneumo Forum.於:東京経団連会館、2008年11月15日(日本発表においてPneumo Forum賞受賞)
 
荒屋 潤.
インテグリンにより活性化にされるTransforming Growth Factor(TGF)-βのEpithelial-Mesenchymal Trophic Unitにおける役割の検討
肺サーファクタント研究会 2008年7月5日
 
荒屋 潤.
気道リモデリングにおける扁平上皮の役割
東京呼吸病態研究会 2008年11月4日
 
荒屋 潤.
AIPにおけるsubclinical UIP pattern
第101回臨床呼吸生理研究会 2008年11月8日
 
沼田尊功,中山勝敏,鮫島つぐみ,弓野陽子,野尻さと子,皆川俊介,小島淳, 濱田直樹, 木下陽, 河石真, 荒屋潤,野元吉二,桑野和善.
QuantiFERON TB-2Gの判定に影響を及ぼす因子~当院における検討~
第5回呼吸器バイオマーカー研究会 2009年3月7日
 
小田島丘人, 皆川俊介, 弓野陽子, 野尻さと子, 小島淳, 沼田尊功, 濱田直樹, 木下陽, 河石真, 荒屋潤, 中山勝敏, 野元吉二, 桑野和善, 高木正道, 矢野平一, 佐治久, 坪井正博, 池田徳彦.
気道ステント留置後、肉芽形成による気道狭窄をきたした再発性多発性軟骨炎の一例
日本呼吸器内視鏡学会地方会
 
小島淳、町田雅美、鮫島つぐみ、弓野陽子、野尻さと子、皆川俊介、沼田尊功、濱田直樹、木下陽、河石真、荒屋潤、野元吉二、中山勝敏、桑野和善.
治療薬剤選択に難渋した慢性壊死性肺アスペルギルス症の一症例
第184回日本呼吸器学会関東地方会
 
小島淳、町田雅美.
治療薬剤選択に難渋した慢性壊死性肺アスペルギルス症の一症例
第三回みなと呼吸器疾患研究会