年度別実績

論文

以前の年代を見る

学会発表

以前の年代を見る

2009論文 実績に戻る

著者

論文名

日付

PubMedリンク
Yoshimi M1), Maeyama T1), Yamada M1), Hamada N1), Fukumoto J1), Kawaguchi T1), Kuwano K, Nakanishi Y1)(1 Kyushu University).
Recombinant human erythropoietin reduces epithelial cell apoptosis and attenuates bleomycin-induced pneumonitis in mice.
Respirology 2008; 13(5): 639-45.
詳細
Hamada N1), Maeyama T1), Kawaguchi T1), Yoshimi M1), Fukumoto J1), Yamada M1), Yamada S(Shino-Test), Kuwano K, Nakanishi Y1)(1 Kyushu University).
The Role of High Mobility Group box1 in Pulmonary Fibrosis.
Am J Respir Cell Mol Biol 2008; 39(4): 440-7.
詳細
Atumi K,Shinozuka N,Nakayama K,Sekiya N,Kuriyama T,Fukuchi Y, Hichuekikito
imporoves systemic inflammation and nutritional status in obstructive pulmonary disease.
J Am Geriatr Soc 2009 57: 169-170.
詳細
Nakao I, Kanaji S, Ohta S, Matsushita H, Arima K, Yuyama N, Yamaya M, Nakayama K, Kubo H, Watanabe M, Sagara H, Sugiyama K, Tanaka H, Toda S, Hayashi H, Inoue H, Hoshino T, Nakajima A, Inoue M, Suzuki K, Aizawa H, Okinami S, Nagai H, Hasegawa M, Fukuda T, Green ED, Izuhara K.
Identification of pendrin as a common mediator for mucus production in bronchial asthma and chronic obstructive pulmonary disease.
J Immnol 2008 180: 6262-9
詳細
Kawaishi M., Nishio K, Tamura T, Koizumi F et al.
Circulating endothelial cells in non-small cell lung cancer patients treated with carboplatin and paclitaxel.
Journal of Thoracic Oncology 4(2) 208-213, 2009
詳細
Kenichiro Shimizu, Ken Kikuchi, Takashi Sasaki, Namiko Takahashi, Masayuki Ohtsuka, Yuka Ono,and Keiichi Hiramatsu.
Smqnr, a new chromosome-carried quinolone resistance gene in Stenotrophomonas maltophilia.
Antimicrobial Agents and Chemotherapy. 2008; 52(10): 3823-3825.
詳細
Kuwano K, Araya J, Nakayama K.
Epithelial cell fate following lung injury.
Expert Rev Respir Med 2008; 2(5): 573-82.
詳細
沼田 尊功, 川畑 絢子, 藤田 雄, 坊野 恵子, 田村 久美, 三上 慈郎, 和久井 大, 伊藤 三郎, 弓野 陽子, 河石 真, 桑野 和善
化学療法による骨髄抑制時に皮膚筋炎の再燃を繰り返した小細胞肺癌の1例
日呼吸会誌, 46(12): 1059-1064, 2008
 
野尻さと子、弓野陽子、佐藤敬太、小野寺玲利、中山勝敏、桑野和善.
肺線癌を合併した心膜原発悪性中皮腫の1例
日呼吸器会誌 47(2) 104-9.2008.
 
桑野和善, 河口知允(九州大学), 荒屋潤.
酸化ストレスと間質性肺疾患.
呼吸器科 2008; 14(2): 154-60.
 
桑野和善, 木下陽, 中山勝敏.
高齢者の間質性肺疾患.
日老医誌 2009; 46(2): 93-100.
 
清水健一郎, 堀賢.
インフルエンザワクチンによる感染制御.
INFECTION CONTROL. 2008; 17(9): 878-881.
 
児島章.
【呼吸器症候群(第2版) その他の呼吸器疾患を含めて】 腫瘍性疾患 その他腫瘍性病変 上大静脈症候群.
日臨 2009; (別冊呼吸器症候群III): 250-2.
 
桑野和善.
5.呼吸器疾患:急性間質性肺炎. 今日の治療指針:私はこう治療している. 2009年版(Vol.51).
東京:医学書院, 2009. p.225-6.
 
中山勝敏, 斉藤桂介, 桑野和善.
【呼吸器症候群(第2版) その他の呼吸器疾患を含めて】 感染症呼吸器疾患 感染症関連病態 高齢者肺炎. 日本臨床 別冊呼吸器症候群I.
東京:医学書院, 2008. p.298-301.
 
桑野和善.
IV.類縁疾患症例から学ぶ鑑別診断のポイント:3.間質性肺炎. 工藤翔二(日本医科大学)監修, 永井厚志(東京女子医科大学), 一ノ瀬正和(和歌山県立医科大学)編. COPDのすべて:呼吸器common diseaseの診療.
東京:文光堂, 2008. p.287-91.
 
中山勝敏.
COPDの診断と治療
港区医師会報 vol 117, p 27-28, 2008
 
中山勝敏.
呼吸器抄読会 東京慈恵会医科大学呼吸器内科
呼吸 vol 27, p 1015, 2008
 
相沢久道、佐田誠、中山勝敏、小川祟之.
ディスカッション循環器疾患における新しいRisk FactorとしてのCOPD
CHEST Forum 2009. 2009年2月25日
 
小島淳.
海外文献紹介COPD急性増悪で入院した患者における、β遮断薬の使用と死亡リスク
THE LUNG perspectives vol.16 No,3 2008
 
野尻 さと子.
THE LUNG PERSPECTIVE
海外文献紹介執筆;177:861-70.2008