年度別実績

論文

以前の年代を見る

学会発表

以前の年代を見る

2009学会発表 実績に戻る

著者

論文名

日付

PubMedリンク
Numata T, Araya J, Minagawa S, Nojiri S, Hara H, Yumino Y, et al. 
Inhibition of poly-IC induced human bronchial epithelial cell apoptosis by insulin-dependent PI3-kinase/Akt and ERK signaling pathways. 
American Thoracic Society International Conference 2010.New Orleans.
 
Shunsuke Minagawa, Jun Araya, Takanori Numata1, Satoko Nojiri, Hiromichi Hara, Yoko Yumino, Makoto Kawaishi, Toshiaki Morikawa, Katsutoshi Nakayama, Kazuyoshi Kuwano
INVOLVEMENT OF EPITHELIAL CELL SENESCENCE IN IPF PATHOGENESIS
2009 APSR SEOUL Novenber 14-18
 
Yoko Yumino, Satoko Nojiri, Shunsuke Minagawa, Takanori Numata,Hiromichi Hara, Makoto Kawaishi, Jun Araya, Katsutoshi Nakayama, Kazuyoshi Kuwano
Effects of pro-inflammatory cytokines on the cellular senescence in the human bronchial epithelial cells cultured in air-liquid interface methods.
2009.9 欧州呼吸器学会(ウィーン)
 
沼田尊功,荒屋 潤,弓野陽子,野尻さと子,皆川俊介,原 弘道,河石 真,中山勝敏,桑野和善
インスリンによるpolyIC誘導気道上皮細胞アポトーシスの制御
第50回日本呼吸器学会学術講演会
 
桑野和善
各施設における科々連携の実際
第3回COPDエキスパートセミナー 東京(特別講演)09年5月30日土曜日
 
桑野和善
特発性肺線維症と肺高血圧症
肺高血圧症”Meet the specialists” 東京(特別講演)09年6月4日木曜日
 
桑野和善
間質性肺炎におけるアポトーシスと老化
第49回日本呼吸器学会総会 東京(シンポジウム)2009年6月12-14日
 
石川威夫、伊藤三郎、松下文、福島大起、鈴木純一、金子有吾、竹田宏、田井久量、桑野和善.
当院におけるM.Kansasii症例についての臨床的検討
第84回日本結核病学会総会 2009年7月2‐3日
 
福島大起、伊藤三郎、松下文、鈴木純一、金子有吾、石川威夫、竹田宏、田井久量、桑野和善.
肺外病変を呈したM.Kansasii症の一例
第84回日本結核病学会総会.2009年7月2‐3日
 
金子有吾、伊藤三郎、松下文、福島大起、鈴木純一、石川威夫、竹田宏、田井久量、桑野和善.
迅速発育抗酸菌による肺感染症の臨床的検討
第84回日本結核病学会総会.2009年7月2‐3日
 
伊藤三郎、松下文、福島大起、鈴木純一、金子有吾、石川威夫、竹田宏、田井久量、桑野和善.
当院における気管・気管支結核症例の臨床的検討
第84回日本結核病学会総会.2009年7月2‐3日
 
髙木正道
肺がんの診療ガイドラインと最近の話題
平成20年度後期スク-リング講座(日本女性薬剤師会・通信教育講座) 09年3月1日日曜日
 
髙木正道
気管支喘息の薬物療法
Asthma Workshop 09年9月1日火曜日
 
髙木正道
当院における感染対策の現状
東葛北部地区感染症講演会(柏市医師会)09年11月1日日曜日
 
髙木正道
最新の気管支喘息治療
呼吸器疾患学術講演会(千葉県医師会生涯教育認定講座)10年3月1日月曜日
 
松下 文
肺外病変を呈したM.kansasii症の一例
日本結核病学会総会 札幌 09年7月2日木曜日
 
野尻 さと子
気管支喘息患者の周術期管理 当院におけるプロトコールの変更点と現状
日本呼吸器学会総会 09年6月1日月曜日
 
野尻 さと子
気管支喘息の周術期管理 当院プロトコールの変更点と現状
成医会 09年10月1日木曜日
 
野尻 さと子
ICUにおけるNPPV管理 ~Sleep surgeryにおける術後管理をふまえて~
太田睡眠フォーラム 10年1月30日土曜日
 
)河石 真
ゲフィチニブ投与歴のある非小細胞肺癌患者に対するエルロチニブ治療の検討
第49回日本呼吸器学会学術講演会
 
清水健一郎
青年及び成人由来の百日咳菌:近年臨床分離された流行株の分子疫学的傾向
第83回総菌学総会 横浜 09年3月1日日曜日
 
吉田和史、数寄泰介、市川晶博、石川威夫、原 弘道、沼田尊功、河石 真、荒屋 潤、中山勝敏、桑野和善
paraneoplastic glomerular disease を合併したと思われる縦隔型肺癌の1 例
第187 回日本呼吸器学会関東地方会 09年11月21日土曜日
 
酒井雅子,数寄泰介,清水久実,中鉢正太郎,若木美佐,後藤太一郎,尾仲章男,加藤良一,小山田吉孝
直接傷害による早期ARDSに対するステロイド療法の検討
第49回日本呼吸器学会学術講演会
 
皆川俊介、荒屋 潤、弓野陽子、野尻さと子、小島 淳、濱田直樹、 沼田尊功、木下 陽、河石 真、中山勝敏、 野元吉二、桑野和善
気道上皮細胞老化におけるSIRT6の役割
呼吸器学会総会(東京)
 
皆川俊介、荒屋 潤、弓野陽子、野尻さと子、沼田尊功、河石 真、中山勝敏、桑野和善
気道上皮細胞老化におけるSIRT6の役割(abnormal epithelial-mesenchymal interactions)
肺サーファクタント研究会(札幌)
 
皆川俊介、荒屋 潤、弓野陽子、野尻さと子、原 弘道、沼田尊功、河石 真、中山勝敏、桑野和善
特発性肺線維症における肺上皮細胞老化とその影響(TGF-bとSIRT6の関連から)
間質性肺炎分子細胞病態研究会(砂防会館) 09年8月22日土曜日
 
皆川俊介、荒屋 潤、弓野陽子、野尻さと子、小島 淳 、原 弘道、沼田尊功、河石 真、中山勝敏、桑野和善
特発性肺線維症における肺上皮細胞老化とその影響(TGF-bとSIRT6の関連から)
第13回東京呼吸病態研究会(東京)
 
弓野陽子,野尻さと子,皆川俊介,高坂直樹,数寄泰介,小島 淳,石川威夫,沼田尊功,原 弘道,河石 真,中山勝敏,桑野和善
呼吸器以外の内科外来通院患者におけるCOPDの合併とその臨床的特徴の検討
 
皆川俊介
気道上皮細胞の老化におけるSIRT6の役割の検討
東京内科医会 09年11月28日土曜日
 
中山勝敏, 沼田尊功, 大類学, 海老原孝枝, 弓野陽子, 荒屋潤, 荒井啓行, 桑野和善
高齢者におけるツベルクリン反応と感染症発症およびその予後との関連
 
河石真, 小島淳, 野尻さと子, 沼田尊功, 鮫島つぐみ, 皆川俊介, 弓野陽子, 濱田直樹, 木下陽, 荒屋潤, 野元吉二, 中山勝敏, 桑野和善
ゲフィチニブ投与歴のある非小細胞肺癌患者に対するエルロチニブ治療の検討
 
野尻さと子, 弓野陽子, 中山勝敏, 皆川俊介, 小島淳, 沼田尊功, 濱田直樹, 河石真, 木下陽, 荒屋潤, 野元吉二, 桑野和善
気管支喘息患者の周術期管理 当院におけるプロトコールの変更点と現状
 
小島 淳、町田雅美、鮫島つぐみ、弓野陽子、野尻さと子、皆川俊介、沼田尊功、 濱田直樹、木下 陽、河石 真、荒屋 潤、野元吉二、中山勝敏、桑野和善
治療薬剤選択に難渋した慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)の一症例
第184回日本呼吸器学会関東地方会(東京)09年5月1日金曜日
 
吉田和史、数寄泰介、市川晶博、石川威夫、原 弘道、沼田尊功、河石 真、荒屋 潤、中山勝敏、桑野和善
paraneoplastic glomerular disease を合併したと思われる縦隔型肺癌の1 例
第187回日本呼吸器学会関東地方会(東京) 09年11月1日日曜日
 
治療薬剤選択に難渋した慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)の一症例
第184回日本呼吸器学会関東地方会 09年5月9日土曜日
 
抗菌薬に反応せず、繰り返す右下葉浸潤影を呈し診断に苦慮した一例
第77回慈大呼吸器疾患研究会 09年9月7日月曜日
 
薬剤選択に難渋した慢性壊死性肺アスペルギルス症の一症例
第8回関東深在性真菌症研究会 09年11月7日土曜日
 
右下肺野に難治性浸潤影を呈し気管支閉鎖症が疑われた一例
第187回日本呼吸器学会関東地方会 09年11月21日土曜日